Concept

Diversity

​心ある世を、つくる。

私の故郷・関門海峡の景色は、まさに、彼岸と此岸の合わせ鏡。そのほとりで、

「みんなちがって、みんないい」と初めてうたった詩人・金子みすゞを、私は敬愛しています。

 

常に「向こう岸」に思いを馳せ、対岸からこちらを見る目線を、保つことができるか?

みすゞの作品は、100年の時をこえ、現代のわたしたちに問いかけています。

ダイバーシティ・マネジメントを専門とする私は、

企業や大学の関係者が集まって、これからの時代の働き方について議論する、

ある地方公共団体の会議に参加し、政策提言を行っています。

経営者時代、「年長の男性が上に立つ」という日本の企業社会の常識に、疑問を抱きました。

そこで、社外の専門家の協力も得て、自社の経営会議のメンバーの半数まで女性を増員。

年代も、20代から70代までというバラエティ豊かな人員構成に変えていきました。

会議は明るく活発なものになり、お店の見た目から、まったく違うものに変わっていきました。

「結果を出したから、出さなかったから」

「歳が若いから、年長だから」「女性だから、男性だから」

「障害があるから」「国籍、出身地が○○だから」

といった理由で、ひとりひとりの個性や、その人のテンポ、ペースに関係なく、

相手を短絡的に「評価」することは、あってはならないと思います。

誰しも、あるいはどんな組織も、完全無欠な存在ではありません。

でも、それぞれに、一生懸命です。

時の運や巡り合わせによって、結果が出ることもあれば、出ないこともあります。

ひとりひとりが、自分自身を理解し、ゆるすこと。

視点を柔軟に動かして、相手の立場に立ち、そのペースを尊重すること。

誰の、どんな行動にも、その人なりの理由、事情、背景があることに、思いを寄せること。

これが、差別や偏見から自由な、多様性を許容する社会に近づく道なのだと思います。

日本、そして世界に、こうした考え方が広まる 「心ある世」を、私は夢見ています。

(c)  2017 Kazuhiro Hashimoto